職員募集(常勤・正規職員)のお知らせ

南房総市社会福祉協議会では、次のとおり職員を募集します。

 

募集内容:社会福祉協議会業務職(常勤・正規職員) 1 名
     ※ただしキャリア形成を図るため、満35歳以下の方

業務内容:地域福祉、福祉相談、ボランティア活動などを支援する業務(注)です。

勤務地等:本所又は各福祉サポートセンター(いずれも市内)

勤務条件:勤務時間  午前8時30分から午後5時15分
     休  日  土・日・祝日及び年末年始他

応募手続:令和2年12月24日(木)~令和3年1月21日(木)までに応募書類(履歴書等)を提出してください。
※応募書類は、社会福祉協議会(本所及び各福祉サポートセンター)で配布するほか、ホームページからダウンロードもできます。

採用選考:第1次)一般教養・適性検査・論作文 1/31(日)
     第2次)グループ討議・個人面接 2/21(日)
     ※第2次選考は、第1次選考合格者のみ実施します。

採用日 :令和3年4月1日(木)

 

【応募書類】
01 採用選考案内(PDF)
02 採用選考案内【参考資料】(PDF)
03 履歴書(PDF)
04 受験票(PDF)

【参考】
令和2年度南房総市社会福祉協議会パンフレット(PDF)
地域福祉活動計画

 

(注)南房総市社会福祉協議会では、主に次のような業務を行っています。

~南房総市社会福祉協議会の業務とは~
「地域福祉」とは、福祉や保健などの多様な生活課題に地域全体で取り組む仕組みづくりです。社協職員は、地域の方々や福祉関係団体の方々と一緒に課題を話し合い、その課題解決に向けて一緒に活動します。

「福祉相談」とは、困り事を抱えた人やその世帯に対して、関係(専門)機関と連携しながら、自立に向けてサポートすることです。地域には、生活困窮者(生活保護受給に至る前の段階で自立生活を送れるよう支援を必要とされている方)や権利擁護を必要とされる方(寝たきりや認知症の方で身の回りのことや金銭管理が行えない方)などがいます。社協職員は、誰もが自分で生まれ育った地域で自立した生活を送れるようにサポートします。

社会福祉協議会では、地域で活動している個人・団体の「ボランティア活動」の支援を行っています。現在、南房総市社会福祉協議会ボランティアセンターには、74団体(延べ1,238人)の登録があり、各団体が様々な分野でボランティア活動を行っています。市では、高齢者の方々の孤立を防ぐため、「サロン活動(ふれあいの居場所づくり)」を推進しており、その運営にも多くのボランティアが携わっています。高齢者人口が45.71%となる南房総市では、地域での支え合い活動が必要不可欠です。社協職員はその活動をサポートし、みんながつながる地域をつくるため活動します。

令和元年台風15号により、市内では甚大な被害が発生しました。社会福祉協議会は、「災害ボランティアセンター」を開設し、ボランティアによる屋根のブルーシート張りや瓦礫撤去などの活動を支援しました。
現在は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、緊急的・一時的に生活維持が困難になった方々がいます。社会福祉協議会は、生活福祉資金の貸付けの窓口として、活動を続けています。

社会福祉協議会は、地域住民の皆さんに寄り添い、誰もが生まれ育った地域でいつまでも安心して暮らしていけるように、また、有事の際には、地域住民の日常生活を早く取り戻せるように、地域住民の方を支援する活動を行っています。

| カテゴリー: お知らせ