共同募金事業

共同募金運動とは

10月1日から毎年全国的に実施される「赤い羽根」でおなじみの一般募金運動と、12月1日から実施される歳末たすけあい運動をあわせて「共同募金」と称しています。

市町村社会福祉協議会は、都道府県共同募金会の区・市・郡等の単位による・支会と町村単位の分会として位置づけられ、社会福祉協議会の業務と平行して、募金運動を推進しています。

今年も皆様の暖かいご理解とご協力をお願いいたします。

赤い羽根募金

1947(昭和22)年、第1回の共同募金運動が全国的に展開され「赤い羽根」とともに地域の方々にも浸透した運動となっており。その募金は全額千葉県共同募金会へ送られ、配分委員会の審議を経て、県内各所に配分され地域の福祉充実に生かされます。

運動実施期間:10月1日から12月31日まで

歳末たすけあい運動

年末の風物詩ともなった歳末たすけあい運動は、共同募金事業の一環として行われ、皆様から寄せられた募金は、全額市内の援護を必要とする方への歳末援護金や、地域福祉の充実を図るための歳末援護事業費にあてられます。

運動実施期間:12月1日から12月31日まで

災害救援活動

共同募金会は、おなじみの赤い羽根募金運動や、歳末たすけあい運動と合わせ、大雨災害や大震災など大規模な自然災害などへの救援活動も行っています。

都道府県共同募金会では、災害発生時に災害救助法の適用状況等に応じて、被災者支援のための義援金募集を行っております。また、寄せられた募金は、被災地の復興支援や、被災地において支援・救援活動を行う民間のNPO、ボランティアグループ、災害ボランティアセンターなどへの活動資金助成も行っています。

南房総市支会も、災害時の義援金受付窓口の開設や、関係情報の提供などを随時行い、被災地の一日も早い復興を願っています。

関連リンク